オルタナティブ・スクールとも

兵庫県宝塚市の児童発達支援・放課後等デイサービス【オルタナティブ・スクール とも】です!

信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室

f:id:alternativeschooltomo:20220123113531j:image

https://sucadp.info

信州大学医学部子どものこころの発達医学教室 公式WEBサイト

https://sucadp.info/2022/01/15/youtubeで見られる本田秀夫先生の講演など/

▲本田秀夫医師のお話を聴くことが出来る見逃し配信

 

 

f:id:alternativeschooltomo:20220123113943j:image

https://toiroapp.com

▲子育て応援支援アプリ【TOIRO】

クラウドファンディング募集中』

現在は、小学校低学年までの子育てに関する般化した対応が出来るそうです。

クラウドファンディングで思春期までの対応にされたいそうです。

 

本田秀夫医師はご著書も多く、[とも]にも蔵書があります。

 

f:id:alternativeschooltomo:20220123114636j:image

発達障害の子どもの育て方と支援 ~親としてできること、支援者ができること~】

https://www.npo-tms.or.jp

NPO法人 東京メンタルヘルス・スクエア主催

昨日の昼にZOOM配信で行われたご講演を本日、拝聴いたしました。

 

本田秀夫医師が詠まれた『宿題は百害あって一利なし』という句を聴いて、吹き出しそうになりつつ、

ユニバーサルデザイン

インクルージョン

が、今の社会や学校現場で、機能していない場面が頭の中を駆け巡りました。

『合理的配慮をしようとするとずるいという子がいます。』というのは、学校に合理的配慮を求めた時に耳にたこが出来るぐらい聞かされては

うんざりしますが、講演を拝聴していて、「そういうお子さんがいるのは、そのお子さんも合理的配慮を実は求めているんです。」という類の

お話がありました。

 

【構造化】は、大人と子どもが合意形成を取る手段であることも支援者として頭に入れて置かなければいけない視点です。

構造化が目的ではないのです。

 

今回の講演はチャリティーだったため、大変、低額ですがお金も必要だったので事前告知をためらいました。

私が拝聴し終わって、やはり、[とも]の保護者様だけではなく、Blogでも告知すれば良かったと反省しています。

(お金を払うかどうか?を決めるのは、知らせを受けた方が決める課題にも関わらず、私がためらって自分の課題にしてしまったことは大きな

反省点です。申し訳ありません。)

 

今後は、出来るだけ入手した講演情報は有料無料に関わらず、お知らせさせていただこうと思います。

 

 

発熱等診療・検査医療機関のうち公表に同意いただいた医療機関一覧/兵庫県庁WEBサイトより(1月13日現在:宝塚市分)

f:id:alternativeschooltomo:20220113080522j:image

 

f:id:alternativeschooltomo:20220113080536j:image

f:id:alternativeschooltomo:20220113080546j:image

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/hatsunetsusoudan.html

▲発熱等の症状がある方へ(医療機関受診方法の案内)/兵庫県庁WEBサイトより

 

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/documents/hatunetugairaikouhyou13.xlsx

▲発熱等診療・検査医療機関のうち公表に同意いただいた医療機関一覧

 

上記から宝塚市分を切り出しました。

発熱等があれば、必ず医療機関に電話をして指示をあおいでください。(色付きの医療機関は普段、診察を受けている方のみとなっています。)

 

「はたらく細胞」【新型コロナウイルス編】

f:id:alternativeschooltomo:20220112075637j:image

はたらく細胞」ムービングコミック特設サイト:

https://shonen-sirius.com/saibou-movingcomic.html

 

【ムービングコミック配信サイト】You Tubeチャンネル
日本語版 「新型コロナウイルス編」

https://www.youtube.com/watch?v=0WZJ32NqWUA

 

新型コロナウイルス感染症が拡がっています。

すでに下記自治体では、1月9日〜1月31日《まん延防止等重点措置》が実施されています

沖縄県山口県広島県

宝塚市兵庫県の中でも『阪神間』と言われ、大阪府に通勤や通学、場合によっては通院されている方も多数おられます。

兵庫県全体を見るよりも近隣の大阪府や電車で移動可能な京都府あたりの感染者も気にして日々過ごしています。

 

目に見えないウイルスにほぼ2年間も子どもも大人も「どうなるんだろう?」と不安になったり、ストレスを感じながら日々を過ごしています。

 

心身といわれるのは、身体の調子と心の調子は切り離すことが出来ないからです。

罹患しなくても不安やストレスで身体は悲鳴をあげます。

また、冬季は寒さや乾燥もあり心身の不調が増える時期でもあります。

 

ご家族で抱え込まずにご相談ください。

 

 

ワクチン・検査パッケージ等定着促進事業 感染拡大傾向時の一般検査事業 PCR検査・抗原定性検査の無料実施について

新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)

都道府県対策本部長の権限)
第二十四条の9

に基づく政策です。現在(1月8日)、43都道府県で実施されています。

f:id:alternativeschooltomo:20220109072143j:image

https://www.knt.co.jp/ec/2022/pcr_kenmin/
▲ワクチン・検査パッケージ等定着促進事業 感染拡大傾向時の一般検査事業 PCR検査・抗原定性検査の無料実施について/兵庫県

 

「ワクチン・検査パッケージ制度」とは、感染対策と日常生活の回復の両立に向けて、将来の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等の下においても、感染リスクを低減させることにより、飲食やイベント、人の移動等の各分野における行動制限の緩和を可能とするための制度です。健康理由等によるワクチン未接種者は、下記の検査場所にて受検することで、検査結果通知書を受け取ることができます。
「感染拡大傾向時の一般検査」とは、感染拡大傾向時に、新型インフルエンザ等特別措置法に基づき、感染不安を感じる兵庫県民(無症状者)に対し、知事の判断により受検要請を行った際に、下記の場所で、PCR検査等を無料で受けることができるものです。※現在要請期間中です。

 

https://covid-kensa.com

木下グループPCR検査センター/医療法人社団和光会監修

あけましておめでとうございます!

f:id:alternativeschooltomo:20220105080730j:image

憲法に定められた信仰の自由があるため、【初詣】に出かけることには配慮が必要です。

《苦しい時の神頼み》

は、受験などの際に経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

日本人の多くは、結婚にかかわるイベントごとや人生を終えた方の見送りの儀式として宗教に関わることが多いと思います。

(昨日も子どもたちにお参りは強要していません。)

 

個人的なことを言えば、私の祖父は【山岳信仰】という修験道に身を置いていたので、生かされている水や空気、樹々に感謝するという至極当たり前のことをやっていたのを覚えています。

 

昨日は、氏神様でもなく近隣の《清荒神清澄寺》まで歩きました。

 

【初詣】と言っても、子どもにとって楽しいのは『屋台』なのではないでしょうか?

幼い頃、「りんご飴は身体に悪いから買わないよ。」と母に言われて、その後、自分で稼げるようになってからはりんご飴を自分で買うようになったのは言うまでもありません。

禁止されればされるほど、やってみたくなるのは大人も子どもも同様です。苦笑

ただし、りんご飴は中のりんごが美味しくないと大きなりんご飴を食べ切ることが出来ないので、屋台の裏の積んであるりんごの箱を見てりんごの種類を突き止めてから購入することを教えてくれたのは末息子でした。

 

よくも悪くも《清荒神清澄寺》はさほど混んでいるわけでもなく、三が日明けで天気も若干あやしくなってから出かけたので、往復1時間足らずで戻って来ました。

 

将来、「【初詣】に行こうよ!」と誘われた時に「なにそれ?」とならないように、また、なんでもかんでも買ってしまわないようにどんな物が売っているのか?を知ることも重要です。

 

今年もよろしくお願いいたします。

アンケートに協力する | 国立成育医療研究センター

f:id:alternativeschooltomo:20211225190455j:image

https://www.ncchd.go.jp/center/activity/covid19_kodomo/survey.html#3tab

 

こどもの みなさんへ
この アンケートは、 あなたの さいきんの ようすを ききます。
あなたの こえが、 みんなの げんきを まもるために やくだつからです。

この アンケートは テストでは ありません。
あなたが なにを こたえたか だれかに しられることは ありません。
おもった とおりに こたえてください。
だいたい 10ぷん くらい かかりますが、とちゅうで やめることも できます。

みんなの こえで みんなを げんきに!
ぜひ、 アンケートに こたえてね!

 

おとなの みなさんへ
コロナ×こどもアンケート
コロナ×こども本部では、コロナ禍におけるこどもたちの生活と健康の現状に関する調査をしています。
調査結果は速やかに一般向けに公開するほか、こどもに関わる様々な団体へ提供し、役立ててもらえるように働きかけています。
本調査は、こどもアドボケイト(こども自身の気持ちや意見を聴き、それを社会につなげる)事業としても運営しています。

第7回調査を2021年12月8日~12月31日(延長しました)の期間で実施します。
たくさんの方の声が集まると、社会を動かす大きな力になります。ぜひご協力をお願いします。
調査にご協力いただきたい方
①②のどちらかに該当する方に、広くご協力をお願いしています。
  ① 小学校1年生~高校3年生(相当)のお子さま
  ② 0歳~高校3年生(相当)のお子さまのおうちの方(お父さま、お母さま)

お子さまだけでも、おうちの方だけでも、両方でも大丈夫です。

両方の場合は、はじめにお子さま、続いておうちの方に答えていただきます。
(未就学のお子さまについては、おうちの方だけにご協力いただきます。)
調査について
無記名のアンケートです。
アンケートの平均回答時間は、お子さま、おうちの方それぞれ10分程度です。

※第7回調査はいままでに実施された調査と同じ質問も、違う質問も含まれています。

今までの調査結果や現在の社会状況をふまえて重要な質問を厳選しています。
アンケート紹介リーフレット
多くの方にこのアンケートを知っていただけたらと思い、リーフレットを作りました。学校やこどもたちの居場所などでぜひ配布いただけましたら幸いです。

 

ご協力、よろしくお願いいたします。