オルタナティブ・スクールとも

兵庫県宝塚市の児童発達支援・放課後等デイサービス【オルタナティブ・スクール とも】です!

代替的支援についてのお知らせ

f:id:alternativeschooltomo:20210914115326j:image

保護者様各位
「代替的支援についてのお知らせ」

9 月 13 日より 9 月15日まで新型コロナウイルスの感染者増加による学校閉鎖が宝塚市立末成小学校 と宝塚市立山手台小学校において実施されることがわかりました。

 

学校が学級閉鎖もしくは学校閉鎖になった場合に[とも]は?
● インターネット療育で代替的支援。 ● 相変わらず [とも]に足を運ぶ。
どちらでも良いです。

 

*ただし、濃厚接触者が保健所により特定される前は、代替的支援でのご利用をお願いいたします。

*利用時間は、夏休み同様(2時間程度)に分散利用になるよう、ともから時間をお知らせします。


インターネット療育では保護者様が同席してくださることで、実際の生活の中での具体的な声かけの方法 (ペアレントレーニング)などを提案できます。家の様子が映し出されることで、普段お子さんが言葉で話 題にしにくいことも実際にカメラに映して説明することができるので、会話のスキル向上に繋がります。 お子さんと保護者様と一緒に時間の約束をしたり、パソコンなどの使い方を学ぶ良い機会です。

 

昨年の3月から6月までの休校・分散登校のあいだも保護者様のご協力と職員の出勤調整で[とも]は休所 せずに乗り切ることができました。
障害児通所支援事業所でのクラスターが兵庫県内でも発生しておりますが、この夏休みも[とも]は分散利 用と送迎のご協力で罹患者を出さず、無事に新学期を迎えることが出来ました。

 

厚生労働省/社会・援護局/障害保健福祉部/障害福祉課(児童発達支援・放課等デイサービス担当)に確 認をしましたが、利用者の不利益にならないことを大前提として厚生労働省からは学校の休校に伴う障害 児通所支援事業所の休所の通知は今も出していないとのことでした。 しかしながら、学校閉鎖・学級閉鎖に伴い『感染に対する不安等』もある中で、厚生労働省が各地方自治体 の判断を委ねている、電話や IT 機器を使用したビデオ通話(昨年の3月から6月までの[とも]では LINE や FaceTime を使用しました。)を宝塚市障碍福祉課も認めるとの確認が取れました。 代替的支援を希望される保護者様は個別にお知らせください。費用負担は通常の支援と同様です。代替的 支援を実施した場合にも、保護者様に通常通り日報をお送りしますが、これに関しては宝塚市障碍福祉課 に保護者様の署名、捺印が必要になります。利用日の変更は、原則認められません。

代替的支援の利用時間については、30分程度を目安に、ご家庭と[とも]との間で決めたいと思います。